Butterfly Under Clouds.

近藤真生 - masataka kondo

 片羽の蝶をモチーフとした映像、絵画、彫刻。
 それらはこの世界を記述するための言語として機能し、1つの世界を浮かび上がらせる。そして、それは片羽の蝶が放つ”不完全であるからこそ宿る美しさ”へと繋がっている。
 
 築き上げたはずのバベルの塔は幻想でしかなかったことを知ったこの時代。僕らは立ち尽くすしかないような喪失さえも経験した。でも、それは人々が無力であることを意味してはいない。不完全性は完全性の欠如ではなく、それ自体が固有の力を持った創造性であり、それはどんなに野蛮な力を持ってしても奪うことができないものだ。
 
 弱きものが持つ強靭さ。
 
 それはどんな時代のどんな場所にも存在し、この世界を満たしつづけている。
 
 
A video, a picture and the sculpture which featured the theme of single-winged butterflies.
They function as a language to describe this world and let one world rise. And butterflies are radiant with the beauty found in imperfection as well as the toughness found in weakness.

This time when we knew that Tower of Babel which we were supposed to built was a fantasy. We experienced even the loss which we only stand in a stupor in. But it does not mean that people are powerless. An imperfection is not lack of the integrity, and itself is originality with the creative power and no amount of the barbarian power will deprive it.

The toughness that a weak thing has.

It exists in any time, any place and continues filling this world.


近藤真生 - masataka kondo
映像作家 / 音楽家 / 現代美術家
インディペンデントレーベル morphosis.jp 主宰